プロモーションサイトで検索しました

集客の入り口をコーポレートサイトだけにして良いのか !?

 インターネットを利用しているエンドユーザーは様々な”問題”を抱えています。その問題解決を行う手段として検索エンジンに”問題”に関連するキーワードを入力し検索をかけてきます。つまりすでに興味があり、次のステップに進もうとしているのです。

 ではエンドユーザーの立場で考えてみてください。勿論、検索結果の上位からホームページ(Webサイト)を見始めますが、1つのホームページだけで見るのをやめますか?おそらく複数のホームページを見て比較をするでしょう。検索エンジンでは必ずしもトップページが表示されるとも限りません。それゆえに表示されたWebページ上にエンドユーザーの”問題”を解決できる情報が無ければすぐに次のホームページに移ってしまうのです。

 このような状況を解決する手法として『マルチエントランス』というものがあります。つまり、エンドユーザーが検索エンジンなどによりどのWebページから訪れたとしても必要とされるコンテンツに正しく誘導するためのホームページ制作における構造です。『マルチエントランス』という考え方はホームページ制作においてとても重要になります。Webブランディングにおいて企業価値を左右すると言って良いでしょう。

 ここで新しい”問題”が発生しています。それではエンドユーザーの望んでいる様々な”問題”を解決するための情報をコーポレートサイトだけに盛り込めるでしょうか?勿論ホームページ制作の中では可能です。しかしWebブランディングの点から考えるとあまりお勧めできません。
 検索エンジンで検索をかけているエンドユーザーは会社情報や求人情報などには興味を持っていないでしょう。興味を持つのは皆様の提供するサービスや商材を見て気に入ったエンドユーザーです。さらに同一のドメインで運営・管理を行うことになります。経営方針の変化により。やむなくサービスや商材を変更する場合があります。そうするとデッドリンクという形で検索エンジンに残像が残りブランディングとしては望ましくない形になります。

 このようなエンドユーザーの心理状況、経営側の経営戦略を全て解決する方法それが『プロモーションサイト構築』なのです。皆様の提供するサービスや商品特化型のホームページを別途制作し、独自のドメインで運営・管理します。

詳細を読む "集客の入り口をコーポレートサイトだけにして良いのか !?" »

PickUpキワード

特化型のホームページ(Webサイト)だからこその利点

 皆様の提供するサービスや商材に特化した特化型ホームページを制作する事により様々な利点が出てきます。

  • 独自のドメインの運営・管理を行うので、検索エンジンのドメインフィルターに引っかからず幾つでも皆様の提供するサービスや商品のホームページへ誘導できる。
  • 独自のドメインの運営・管理を行うので、皆様の提供するサービスや商品に関連するキーワードを入れることが出来る。
  • 独自のドメインの運営・管理を行うので、経営戦略としてやむなく皆様の提供するサービスや商品の提供を終了した場合でもデッドリンクによるイメージダウンが避けられる
  • ホームページを別途制作するので、皆様の提供するサービスや商品に関連するキーワードに集中したWebブランディングが出来る
  • ホームページを別途制作するので、コーポレートサイトと特化型サイトの相互リンクによりSEO対策が出来る

つまり、前述した”問題”を全て解決し、さらにSEOの観点からみてもとても有効なWebブランディング手法なのです。

詳細を読む "特化型のホームページ(Webサイト)だからこその利点" »

PickUpキワード