Web標準で検索しました

検索エンジンに強い構造になる

 ではなぜ検索エンジンに強いのでしょうか。
 検索エンジンがどのようにホームページ(Webサイト)を見ているのかがポイントになります。検索エンジンは私たちのようにブラウザに映ったホームページを見るのではなく、ソースつまり設計図を見て評価しているのです。

 現在でも「テーブル構造」と呼ばれる制作のされ方がされたホームページは多くあります。これは、各ページ毎の設計図に『デザインの内容(視覚表現)』と『文章の内容(文章の構造)』を同時に書き込んでいます。皆さんは書籍の評価をされる際にデザイン性を考慮されますか?おそらく大部分の方は書籍の内容で評価をされると思います。勿論検索エンジンもホームページのデザイン性は評価してくれません。つまり、設計図内に検索エンジンが評価してくれない情報がたくさん盛り込まれているのです。

 当社はホームページ制作を行う際に『Web標準』を採用しています。これは、先ほどの『デザインの内容(視覚表現)』と『文章の内容(文章の構造)』を分離させ、検索エンジンが見る箇所には『文章の内容(文章の構造)』のみを表示させています。つまり、無駄な情報を押さえ伝えたい情報のみを適切に伝える事が出来ます。

 この事は今後のインターネットの発展において重要なポイントになります。いまや巨大なデーターベースとなったインターネットの世界で、いかに多種多様なツール(検索エンジン・音声対応ブラウザ・携帯電話・ゲーム機など)に対応し連携の取れるホームページにするかということです。

詳細を読む "検索エンジンに強い構造になる" »

PickUpキワード